2017年09月03日

雲が描いた月明り 12〜13

見ました。
あと残りDVD1枚となりました。

あえて見ない。も少し楽しみたいからね(^-^)

ここまでの感想ですが、ビョンヨンが一番辛いし可哀想だ〜‼️あんなイケメン、苦しめるんじゃないo(`ω´ )o

それに、政治が絡んだお家騒動の様相になり、ラオンの存在感が薄いです。ただのお荷物になっています。世子と離れ離れになり、2人とも魂抜けてるぐらい辛い様子。しかも、世子は間者に襲撃され切られて命落としそうになります。しばらくして今度は毒殺されそうになり、命落としそうになります。大変です。でも、ラオンは勿論危ない目にあいますが、みんなに助けてもらってるんだなぁ。自分の身ぐらい自分で守る方法考えなきゃ❗️少なくとも、王宮に入る前のラオンはたくましく行きていました。窮地に陥っても、自分で知恵を使って切り抜けてきたんですよ。それがなくなっちゃいました。すっかりか弱い女の子です。

ラオンは母に会うことができ、宮中に大反逆者の娘がいるとわかってしまった後は、母と暮らします。その上ラオンの父が生きていて、ラオンは会うこともできます。

世子側と領議政側との対立が、激しくなり遂には剣を交えることも。その中で、犠牲者もでます。ビョンヨンも板挟みになり、自分が犠牲になることで、ラオンと世子の両方を守りました。かっこいいぞ!死んだと思われた彼の遺体を預かった彼の友でもあるユンソンでした。でも、ビョンヨンはかなり深手を負っていましたが、命は落としてはいませんでした。よかったよかった。

世子もユンソンもビョンヨンも竹馬の友。子供の頃はとっても仲良しだったのです。しかし、家の状況が3人に微妙な距離を与えてしまったのですよ。ホントは仲良くしたいのに。ユンソンに至っては、自分の家が不利になるのに、ラオンのために動きます。結果、世子のためにもなってます。ラオンのことが大好きなのに、ラオンは世子しか見えません。切ないね。それに、彼は自分の家が汚い工作をして、のし上がってきたのをこころよくは思っていません。そんなことのために人生を費やすつもりはないようです。

後2話で幸せな結末になるのでしょうか?世子は王様になるのかな?

時間をかけてみたいと思います(^o^)
posted by なくち at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通信環境改革

今までフレッツ光を使っていました。

電話使わないし、何のメリットもないなぁと。

それに、携帯はスマホとガラケーの二台持ち。これも安いからとはいえ、どうにかしたいところ。でも、やめられない…。

そこで、フレッツ光を止めることにしました❗

で、モバイルwifiを契約することにしたのです❗

いろいろ検討した結果、auで契約することにしたのです。ガラケーがauで、一緒だと割引があるので決めました。

最近aushopには行っていなかったのでキョロキョロしてしまいました。

見積もりを出してもらい、お得感があったので契約することに。でも、もっとお得感があることを勧められました。それは、ガラケーの機種変。確かにだいぶ使っていたので、もうsonyエリクソンはないのですよ。結構気に入ってたんですが、新しければ機能も増えています。ガラケーでもwifiに繋がるのは魅力的です。だってデータ通信は割引プランしてないですからね、電話専用にしているため。それに、携帯本体もタダ❗ガラケーだってまともに買えばかなりのお値段しますからね。で、こっちも契約しました😃

更に、担当してくれたおねーさん、魅力的な事を言い出します。それは、タブレットの契約です。んー、それをしたくないから、モバイルwifiなんだよね…。と、思いましたが、何とiPadが3年使えばタダになると素敵な事をのたまうから、悩んでしまいました。それに、補償なども含めると、月額3千円ぐらい。モバイルwifiを含めると、6千円越えます。でも、フレッツ光とプロバイダ代と合わせた額とあまり変わりません。

もちろん縛りはありますが、3年、2年は変えるつもりは今のところありません。今までも変えたことないし、多分大丈夫でしょう。

家に帰り、早速モバイルwifi使ってみました。

続きを読む
posted by なくち at 18:30| 東京 ☀| Comment(0) | 機械モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする