2013年10月31日

京都ー洛中洛外図と障壁画の美を見に行く

IMG_1278.jpg
京都ー洛中洛外図と障壁画の美のブログ

見に行きました。

先日山形に行って、上杉本の洛中洛外図にすっかり魅了されたので、是非洛中洛外図をもっと見たいと思ったのです。

何気なく東京国立博物館に行ったので、どのような展覧会は特に考えていませんでした。

行ってみてびっくり、超ー混んでるんですけど・・・ふらふら 混んでいるならいるで、心の準備していくんだけどなたらーっ(汗) ちょっとがっかりしてしまいました。だって、ゆっくり堪能して帰ろうと思ったのにバッド(下向き矢印)

もう、最初の巨大スクリーンの舟木本の洛中洛外図から、みんな動いてないしふらふら 音声ガイドで、説明を聞いてあんまりよく見ないで次へ・・・。本物の洛中洛外図が7点も揃って見れるなんて、そうそうありません。じっくり見たかったですが、勿論超混みもうやだ〜(悲しい顔) じっくり見ませんでした。

まぁ、上杉本はしっかりと米沢で見たのですが、これだけが国宝なんですよね。上杉本は状態がとてもいいです。絵の細かさは他のものの方が上回っていますが、状態がいいことは非常に重要です。

不完全燃焼のまま、次へ・・・。次はなんと竜安寺の四季を4Kの映像で見れるのですが、これが圧巻exclamation×2 京都は四季それぞれに美しさがありますが、そんなに行けるものではありません。ですから、この映像で一気に四季を楽しめるお得感わーい(嬉しい顔) 映像もホントに綺麗です。映像って感じがしないですよ。ここにも人が沢山いました。

そして、竜安寺の襖絵の展示へと移ります。こちらも見所の一つ。日本の所有物ではないのです。悲しいですね〜。売られてしまったのです。廃仏毀釈の時代に国外に行ってしまいましたバッド(下向き矢印)何と愚かなことをしてしまったのでしょうか・・・。

と、思いつつ次へ・・・。次は京都御所、二条城の中です。京都御所や二条城の中がこんな風になっているなんて、知らなかったです〜。今の京都御所や二条城はレプリカで綺麗な状態の絵で飾られていますが、本物はその歴史を感じさせるものです。玉座が置かれるところが、こうなっているとは知らなかったでするんるん それに、二条城二の丸黒書院も迫力のあるものです。どちらも、権力を象徴するもののオンパレード。あんな所にいたら落ち着かない・・・ふらふら (小市民の感想です。)

後ろ髪魅かれる思いで出てきました。もっとゆっくり見たい〜。見れてないのあるしもうやだ〜(悲しい顔) 

記念に何か買おうと思いましが売店も超混みで、近寄れないふらふら 出口近くに図録だけ買えるところがあったので、図録買いました。



posted by なくち at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック