2015年04月12日

The TIME of Ki Joon 〜素敵な歌と楽しいお話〜に行きました

タイトルだと分かり難いですが、オムギジュンさんのファンミーティングです。

2年前にもありましたが、行けませんでしたので、今回は行けてホント良かったですわーい(嬉しい顔)

感想ですが・・・

オムギジュンさん、スタイルめっちゃいいexclamation×2です。

足長いし、細いですよ。顔もちっちゃいし、正にスターですね。オムギジュンさんを2mぐらいの近くで見れたので、良かったです。

歌があり、お話ありのファンミでしたが、面白いところも沢山ありました。

しかし、ちょっと残念な感じも・・・

1. 通訳のタイミングがちょっと・・・。
  若干噛み合ないところがあり、なんかズレているところが残念です。通訳のお姉さん、美人さんでしたが声が 小さいのか、ギジュンが聞き返す場面が多かったです。司会の方が韓国語ある程度出来る方がいいですね。

2. お楽しみ抽選会で、ギジュンちょい怒どんっ(衝撃)
  時間が押したため、6人を選ぶところを4人にスタッフさんしたみたいなんですが、ギジュン「6個箱がある のに、4人だけなのはおかしいちっ(怒った顔)」と、司会のお姉さんが進めようとしているのに、進行を遮り主張して、6人になりました。ほんとは抽選で選ぶところをゲームにしたりと、ギジュンやりたいようにやったがためなんですが、打ち合わせしなさすぎですよ。

3. ハイタッチ、ギジュンと目が合わず
  私の番の時、ギジュン汗を拭きながらハイタッチしていたので、目を合わせられなかったもうやだ〜(悲しい顔) 残念バッド(下向き矢印)

ちょっとしらけた雰囲気になりそうでも、ファンの方が慣れていて、盛り上げていたし、大体の韓国語をファンが直で分かるので、ファンの方が反応が早かったです。

驚いたのは、結構韓国から来ている人、多かったです。こんなチャンスないのかもしれませんね。それと、女子高生もいたこと。女子高生と壁ドンすることになったんですが、「僕、変な人になっちゃうよexclamation」と、ギジュン焦ってましたわーい(嬉しい顔)(でも、女子高生が抽選で選ばれて、ご機嫌よくなりましたよ。)自分が選ばれなくても、ラブシーンを演じてくれるのは、凄く楽しいですわーい(嬉しい顔) 盛り上がりますしね。

歌はやはり良かったです。選曲はミュージカルの歌が中心でしたが、日本のファンのために、ちょっとメジャーなK-popとか日本の曲を歌ってくれると嬉しかったなぁ。

分かったことは、ギジュンを納得させるには「説明」が必要だということ。ちょっと気難しい人かな。

「もう年だから・・・。」という発言もしていましたが、まだまだ若いですよグッド(上向き矢印)

私の後ろの席の方で、韓国語を話している人がいたのですが、ところどころ日本語・・・。日本人でした。やっぱり日頃から使わないとダメなんだなぁ。もっと韓国語が分かればなぁと、思いました。




posted by なくち at 07:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック