2015年10月04日

図書館戦争

見ました。

テレビでも放送見ました。

図書館戦争感想

原作はとっても面白く、楽しく読みましたが、映画はどうかなぁ…と、思っていたのですが、良かったです。

まずは、出演者ですが、これがいいでねわーい(嬉しい顔)

イメージ先行で人選されているように感じます。ですから、原作ファンは納得です。

正直、榮倉奈々ちゃん、台詞回しが棒読みかも…と、感じてしまうのは、私だけかな?
福士蒼汰くんは的確な人選だっとと思います。手塚のイメージ通りですよわーい(嬉しい顔) 最近のドラマのイメージとは違って、なかなかいいですね。
堂上教官が岡田くんね〜。これもとってもいいねわーい(嬉しい顔)素晴らしいですよわーい(嬉しい顔)
堂上教官のアクションシーンがキレキレでびっくりですよ。見ごたえがありますね。戦闘シーンも臨場感あります。

ストーリーは原作通り。世界観にも入りやすいしい、盛り上がるところはしっかりと押さえていますね。

この映画一本では、全然足りないのですよ。よくできているからこそ、次が見たいのですよ手(グー) 今度公開されますが、遅すぎね?もっと早く作っても良かったんじゃないの?採算取れなかったのかな?

でも、シリーズ最後まで描いてくださいexclamation×2

posted by なくち at 21:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック