2016年01月31日

広重二つの東海道五拾三次を見に行く

笠間日動美術館のHP

久々に美術館に行きましたね〜。

たまたま、日曜美術館の終わり5分ぐらいにやっているアートシーン?で、見て「これは、見たい😃」と思いお出かけ。

頑張りました、ホント午後からじゃないと使い物にならない日曜日なもので

到着したのは、3時過ぎ。

まぁ、企画展だけでも見たかったので、見てきました。

IMG_1892.jpg

今回の企画展は、前期と後期に分かれています。前期は27まで。

保永堂版と丸清版を見比べることができるという贅沢な展覧会です。ちなみに保永堂版は初版、丸清堂版は晩年のものです。かなり違っているので面白いですよ。

私は、これは是非図録が欲しい❗と、思ったのですが、図録ないのです⤵ 残念。



で、こちらを購入。

後期も楽しみです。

笠間日動美術館の常設展は、フランス館だけ見ました。いや〜、ちょっとだけですが、秀逸な作品があり見応えがありましたよ。印象派の有名どころが揃っています。

特に、高橋由一の「鮭図」あれは、芸大にあるのとは違うのね?見たときには、「これ、教科書で見た❗」と、思ってしまいました。

あとは、藤田嗣治の自画像。奥さんと一緒のも、「これ知ってる❗」と思いました。

すいません、感想がミーハーで。(最近ミーハーって使わないなぁ。死語か?)




広重は、実際に旅しているんですね。本当に旅してみたくなりました。浮世絵を見ていて思ったのは、美しい景色があるだけでなく、生活があるし、街道の町並みや建物の様子も分かります。今よりも場所によっては賑わっているところもあると思います。

四国に行ってお遍路に興味が湧いたし、東海道を旅するのも面白そうですね

ちょっと長く旅をしたいです。
posted by なくち at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック