2017年03月12日

日常の閉塞感

新聞のドラマの紹介欄を読んでいて出てきたフレーズ。
よく聞くし耳にもするフレーズ。
でもなんだろう、言い知れぬ違和感・・・。

よーく考えると、なんだかわかんない。
と、いうか人によって思うことが違うよねって感じがします。
ネットで閉塞感を調べると、

 閉じふさがっている感じ。また、比喩的に、閉じふさがったように先行きが見えないさま。


となっています。
日常で先が見えない感じとは、かなり重いね。
日常では、先が見えないというより、未来への不安の方が感じることは多いかな。

具体的に日常の閉塞感を想像し見る。

毎日毎日同じことの繰り返し・・・。私、いい人に出会えるのかしら?とか。
いつも仕事ではいまいち評価されてないなぁ俺。この会社でいいのかなぁ。とか。

こんな感じですか、日常の閉塞感って。

でも、そんなこと感じない生活をしていたら分からないのかなぁ。
確かに、子供の頃はわからないかもしれない。未来は、楽しいことしか考えてなかったもんな〜。

なんて、考えさせるフレーズ。

どれが正解が分かりませんが、ドラマ見れば分かるのでしょうね。
posted by なくち at 11:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック