2017年10月30日

白村江



韓国から帰って、百済のことに興味津々だったので本屋さんで見つけたときは、「これは買うしかない✊」と思い購入しました。

え〜、小説です。史実を基にした小説です。まだ、P30ほどしか読んでませんが、残酷なんですよ😠😠😠

まぁ〜それでひるんじゃってるわけではないのですが、重い。もう一つは、人の名前が最初だけルビが振られていますが、あと振ってないので「この人なんて読むの?」と、気になって戻ったら進まない、進まない。

朝鮮三国志を見ながら読むと更に分かりやすそうです。

白村江の戦いが起こる21年前から始まります。どんなふうに戦いが起こったかが描かれています。今のところ残酷さしか伝わらないです⤵

続きを読む
posted by なくち at 00:04| 東京 ☔| Comment(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

朝鮮三国志



韓国・韓国の歴史に興味があるもので、ついつい探しちゃうんですよね〜。探せばあるもんですね。

とってもニッチな層しか買わないと思うんですけどね。

まだ精読してないでせが、地図が多くて分かりやすい。地図って大事ですよね。なにせ地名見てもどこにあるかなんて分かりませんからね。

丁寧に歴史を読んでいける本だと思います。



続きを読む
posted by なくち at 14:48| 東京 ☔| Comment(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

ペウギ



hontoで購入しました。フィルムカバーをして欲しかったのです❗❗よく持ち歩く本になるので、表紙がペラペラしていたら、すぐに破けちゃいますからね。絶対あったほうがいいと思いますよ。

honto



hontoはポイントも貯まるし、「どうせ買うなら、hontoにしよう✊」と思うことも多くあります。お得だと思いますよ。

本の中身ですが、充実した内容です。33課まであり、ちょっとしたまとまった文を読むには最適です。勿論、3級の実力を付けるためにも、十分の内容です。

長文まではいかないけど、ある程度の文章を韓国語で読みたいと、思っていてもちょうどいいのはなかなか見つからないもです。ニュースとかは難しすぎるし、そもそも韓国語のサイトは文章が長くて読むの疲れちゃう😵

そう感じる人にも良いと思いますよ。長すぎず短すぎずの文章だから。

これで、頑張って実力を付けたいです。
続きを読む
posted by なくち at 21:26| 東京 ☀| Comment(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

韓国ドラマフォトエッセイを買う

2冊買いました。

IMG_2697.jpg

Wー君と僕の世界ー

IMG_2700.jpg

IMG_2699.jpg

中身はこんな感じ。

イ・ジョンソクのファンにはたまらない一冊です。もちろんハンヒョジュもいっぱい載っています。美しいドラマのシーンがいつでも見れるのです😃😃😃

もう一冊は、雲が描いた月明り

IMG_2701.jpg

パク・ポゴムはやっぱりかわいいね〜。

IMG_2702.jpg

IMG_2703.jpg

文章もちゃんと載ってますよ。

撮影の様子なども見れて、お得です。ドラマの様々なシーンを見るとドラマの制作にたずさわったような感じがしてきます。ますます作品が好きになりますね。
続きを読む
posted by なくち at 22:32| 東京 ☁| Comment(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

どうも、金のカメレオンです



今年も買ってみました。

何だか来年は忙しいそうな。いやいや、これ以上忙しくなったら生きていける気がしない😵😵😵

この本、少しずつ変わっている点があります。毎年良くなっている本だと思います。

今年のバージョンは、毎月の3ケ条が書いてあります。これがわかりやすい。この月に何をしたらいいのか、書いてあるとっても便利。迷える子羊の道しるべになるのです❗❗

忙しいなんて、何だかかっがりです。でも、来年は一応幸福な年のようです。どーしよう、何をどうすればいいの?あっ❗一つ一つ、目標を達成していけばいいのです✊

頑張れ〜、自分😃😃😃


posted by なくち at 23:34| 東京 ☁| Comment(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

韓国歴史ドラマにもっと熱くなれる本



結構前に買っていたものです。

勿論麗を見て高麗時代に興味を持ったので、読み返してみたのですが、光宋のことは詳しく書かれていませんでした。そもそもこの本出版された時には、麗は作られてなかったからね。高麗時代を扱った作品もそんなにあるわけではなさそうです。輝くか、狂うかは光宋が主人公の話みたいなので、見てみたいと思います。チャンヒョクが主演だし😃

今、私は高麗時代に興味津々でして、韓国の歴史に関する本を数冊購入しましたが、全然読める気がしない⤵時間がない😖

今日、「一番大事なものは何。」とたまたま聞かれたのですが、即答で時間と答えました。

続きを読む
posted by なくち at 02:33| 東京 ☀| Comment(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

ビブリア古書堂の事件手帖7



読み終わりました。これでビブリアシリーズ完結です。

まずは、感想は…


面白かったです。

ファンが満足する結末だったのかなぁと思います。

今回の事件、事件(というよりは対決かなぁ)はなかなか面白かったです。何が面白いって、シェークスピアの本をメインとしたことです。シェークスピアはもちろん有名ですが、劇作家なので本にそんな価値があるとは全然想像していなかったし、様々なことを自然に教えてくれる内容になっていました。

ファーストフォリオっていうものを初めて知りましたし、当時の演劇の事情とかも分かり面白かったです。

以下、ネタバレあり
続きを読む
posted by なくち at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

どうも、やっぱり木星人です



0学占いでも、私は木星人でした。
本買いましたが、ちらっと読んだだけでも私の性格的なことが当てはまっていて、当たりそうな予感がしましたよ。

この本、ちょっと作りは細木数子の本に似ています。最初は0学占いについて書かれています。そのあと、来年の全体の運気が書かれているのが特徴です。どのような年になるか予想されて書かれていますが、正直、今の段階で大体予測できることです。普通にニュース見てれば分かると思いますが…。


続きを読む
posted by なくち at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

ビブリア古書堂の事件手帖6



読みました。
巻が進むにつれ、この物語の中に当初からある謎が少しずつ明らかになっていきます。そして栞子さんと大輔くんの仲も深まってゆくのです

プロローグで、何と大輔くん入院してるし。しかも、栞子さんのお母さん、智恵子と話しをしています。(栞子さんはさん付けですが智恵子には付けなくていいね)

何があったのか先が気になる〜。

ほんと、4巻からこのシリーズは内容が深くなっていきますよ。謎が面白いし、それを少ないヒントそれ(凡人にはそう感じる)を解いちゃう栞子さんの明晰さも素晴らしいです。

今回は、栞子さんに怪我を負わせた田中敏雄が登場。もう一つの太宰治のアンカットの晩年を探して欲しいと依頼してきます。図々しい!


ヤツは心を入れ替えたのか?それともまだ根性悪いヤツなのか?そこも微妙な感じで話は進んでいきます。

続きを読む
posted by なくち at 00:10| 東京 ☁| Comment(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

どうも、木星人です



もう来年の話ですか。早いですね〜。で、買いました。別に買うほど信じているわけではないのですが、買っちゃうんですよね。

特に新しい情報があるわけではない前半。今年起こった大きな出来事に絡んでいる人々が「大殺界」でした❗っていう話です。

大事な部分は後半の自分の運気なんですよ。私は、来年はいい年みたいです😃😃😃 それだけで十分ですよ。楽しく生きていけそうです。

まだ今年終わってないので、残りでガツンといいことないかなぁ〜。


posted by なくち at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

ビブリア古書堂の事件手帳5



読みました。

あっと言う間に読んじゃいました。

だって、この巻は栞子さんと大輔くんの関係に展開が⁉

って感じです。

なんだろうな〜。栞子さん生真面目なんだよね。人見知りだけど、大輔くんのことは、やっぱり特別だったのね〜。

いいことですよ😃😃😃

以下、ネタバレあり

続きを読む
posted by なくち at 21:46| 東京 ☁| Comment(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

ビブリオ古書堂の事件手帖4



読みました。シリーズを読み続けていますが、そんなはまったつもりはありません。

しかし、この本は違う❗❗ ここにきて謎が、急激に難しくなっています。 本の知識もボンボン入ってきて、どこで読むのを休んでいいのか分からないほど、読み進めて行けますよ✊

そして、素晴らし洞察力解決してく栞子さん😃 しっかり(?)サポートしている相棒兼用心棒の大輔くん。いいコンビです。

しかも、二人のちょっとずつ近く距離感💓

今回はさらに、今まで分からなかったことが分かることがあります。

4作の中では確実に一番面白いですよ。

以下ネタバレあり。



続きを読む
posted by なくち at 22:30| 東京 ☁| Comment(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

烏に単は似合わない



読みました。本屋さんをウロウロしている時に見つけました。松本清張賞を受賞した作品です。しかも最年少だそうですよ。「ほ〜、面白そう。」と思ったので購入。

ファンタジーで、そろそろ「十二国記シリーズ」並みの本を読むことに没頭できる作品かもしれないと思い、期待大で読み始めました。

最初は、言葉使いに違和感があり、いまいちしっくりこないまま読み進めていました。いろいろなものの名前が平安時代とかを思わせるものなので、言葉使いもそうなるだろうとこっちは思って読んじゃいますが、現代的な表現が多く、気になってしまいました。

しかし、ファンタジーなんだから、そんな設定は自由なんですよ。そう思ってからは、気にならなくなりました。

ざっくりあらすじは、烏の世界の話。でも烏といっても人の姿をしています。金烏(きんう)を頂点とする世界ですが、金烏の家は宗家。そのしたに四家があります。東家、西家、南家、北家。なんと分かりやすい❗

そして、今回のメインは宗家の若宮(宗家の次期陛下)のお妃選びの話です。四家から妃を選ぶのが決まりのようで、4人の姫が争う話です。

まぁ、こんな感じなのですが、読んでいくと驚きの展開が😵😵😵

何も考えず読んでいたため、衝撃でした。

最初は、蝶よ花よと美しい姫同士の衝突が描かれ、会ったこともない若宮へのそれぞれの思いが分かるような展開でしたが…途中から、展開がおどろおどろしいことになっていきます。


以下、ネタバレあり 読むつもりの人は、読まない方がいいでしょう。
続きを読む
posted by なくち at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

ビブリア古書堂の事件手帖2



読み終わりました。

なんだかんだと、空いた時間を使って読んでいたら読み終わるものですね。

だんだんと、自分がこのシリーズに馴染んできたように思います。

いまいち、栞子さんが好きになれなかったのですが、彼女の秘密がちょっと分かってきたら、何だか親近感が湧き、五浦くんとぜひうまくいって欲しいという気持ちになってきました。

穏やかに生活しているようで、そうではなかったのですね〜。栞子さんがちょっと羨ましかったんですよね。自分の好きなことを仕事にし、美人でのんびりとしていて、悩みがあまりなさそうで🐶

でも、色々とあるようですね。

もうビブリア古書堂の事件手帖3買っているので、読み始めています。五浦くんと進展あるかな😃 楽しみです。
posted by なくち at 20:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

ビブリア古書堂の事件手帖1



読みました。やっと。

さくさく読めると思ったのですが、まとまった時間がとれなかったので中途半端になっていました。

古本屋さんを営む、本好きで超人見知りで美人の店長さんが、読書で培った深い知識と洞察力と状況を分析し正確な推理をする能力を発揮し謎を解いていく話です。で、彼女が非力なので実行や力仕事を行うのは、本が読みたいけど、読めない(ある意味障害のある)柔道有段者のアルバイトくんです。


感想ですが、思ったよりもさらっと読めました。もっとぐっと引き込まれるかと思ったのですが、そこまでではないです。理由は、きっとある程度予想できる展開だったからですかね。小説として読むよりは、漫画やドラマの方がいい気がします。それは、栞子さん(店長さん)や五浦くん(バイトくん)のビジュアルが見たいからです。もちろん、ストーリーもドラマにしやすいのではないかと…。

で、映画化されるのですね。アニメも。誰が栞子さんなのかなぁ。


続きを読む
posted by なくち at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする