2017年11月13日

シン・ゴジラ

テレビで放送されたので見ました。

映画館で見ようと思っていたのですが、終ぞ見れず。

テレビで放送されると知って、見なくっちゃ✊ と、思っていたのですが当日すっかり忘れていて、最初の方を見逃しました😖😖😖

で、感想ですが


評判通り面白い❗❗

あー、やっぱり映画館で見れば良かったよ。

緊迫感のある状況があのた〜くさん詰まったセリフで表現されていたし、とっても早いセリフ回しですが、しっかり聞き取れるし、難しい話を難しい言葉で言ってますが、分からないことがなくしっかりと説明も入れてくれているところので、話についていけました。緊迫感のあるやりとりです。難しい決断をせまられる政府ですが、それぞれの専門家が冷静に意見を言っているところがまた、日本国という国家が決断するかということがよく伝わってきます。本当に「こういうことがあったらどうすの?」ということを考えさせられます。

で、ゴジラですが特別すごく暴れるということがないところが怖いです。形態変わるところがまた面白い。そして、ゴジラが「あれは何なんだ?」というところから始まり、そこがまず解決されないとどう攻撃したらいいかや対処の方法が決まらず、その場しのぎの作戦を行うことしかできないということも、とっても現実的な感じがしました。日本で自衛隊が敵を攻撃するときはあんな感じなんだと思いました。


たくさん俳優が出演しています。日本が誇る俳優陣も良かったですね。

もう一回ちゃんと見たいな。

続きを読む
posted by なくち at 08:54| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

トランスフォーマー/最後の騎士王


トランスフォーマー/最後の騎士王

ちょっと時間ができたので、「この時間をどう使うか?」と考えた時浮かんだのが映画を見ることでした。見たかったのはトランスフォーマーです。

別にトランスフォーマーが大好き❗というわけでは全くありません。

主演がマーク・ウォールバーグだったので、ちょっと見たいなぁと思いました。

大体トランスフォーマーは1作目をテレビで見ただけでした。

あらすじは、ここ見てください。

早速感想ですが、

盛りだくさんだよ❗

前作見ていないと、ちょっと想像力必要でした。主演が変わっているのに理由はないようですが、そこはいいとして、それでもロボットがいっぱいいて、なんだか邪魔者みたいになってる世界観や恐竜がトランスフォーマーと対立する部隊あったりとか、全然分からない訳ですよ。

見ているうちに受け入れらるようになりますが、その間に話はどんどん進んでいきます。どんどん大事になっていきます。

あれよあれよという間に最初のシーン、アーサー王の戦いの場面と繋がっていきます。

そして、地球の危機になっていきます。

舞台がアメリカからイギリスへ。そして潜水艦まで乗っちゃって海の中にある宇宙船で戦ってるし。あれよあれよと、今度は空に惑星迫ってるし。

すっごい盛りだくさん。説明しきれません。


で、気になった点

1⃣子供を絡めて、足をひっぱるのは話の中では絶対いらない。
現代の最初のシーンでは、子供が探検ごっこみたいなことして、危機に陥ります。付いてくるなと言っても付いて来て足手まといになります。話の展開が早いのに、そういうシーンは邪魔です。もうちょっとメインのストーリーに集中させてください。

2⃣レクサスがTRF(トランスフォーマーを追う部隊です)の車だったり、オスプレイが出てきたり、中国語が映ったり、ステマだな。
分かりにくくしておきましょうよ。まぁ、そういう視点で見てしまう映画なんですよ。オスプレイ、あんなに器用に動かないだろう。でも、最後には墜落してたけどね。

3⃣生身の人間、あそこまで丈夫じゃないだろう。
結構死ぬだろうシーンがありますが、生きちゃってます。凄すぎです。

3⃣下ネタ、いいんですかね?
主演がウォールバーグ、そしてアンソニー・ホプキンスが出演しています。大人にも見てもらおうという意図は分かります。だからか、かる〜く下ネタ入ってます。お子様には意味が分かるでしょうかね?(分かんなくていいのか)

壮大なスケールなので、映画館で見るのは正解の映画です。ストーリーはともかく。

どうやら続編あるね〜という終わり方でした。

続きを読む
posted by なくち at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

ザ・マミー 呪われた砂漠の女王

ザ・マミーのHP

見ました。

時間があるったので、何をしようかと考えて一番最近できてない映画館で映画を見ることにしました。特にみたいのがなかったのですが、今上映しているなかではトランスフォーマーが見たいかなぁと思い時間を合わせつ映画館に行きました。

でも、時間ってネットで見たものとはずれていることはしばしばあること。数分早ければ見れたのに⤵
で、次に時間が合いそうなものは、トムクルーズ主演のザ・マミーでした。

まぁいいかなぁと、思ったので見ることに。

感想ですが、

面白かったです。予想と違うところもあり、アクションもあり、ハラハラドキドキもあり、謎解きもありで盛りだくさんです。もちろん、マミーですからミーラが出てきます。もちろん追っかけられます。みーらですが、生きた人間から生気を吸いとって生身の人間になろうとします。吸われた方はミーラに。そこで疑問が。

ミーラとゾンビって違いあるのか?と。

この映画が作成された意図が何となく分かりました。

で、謎は話が進めば分かることなのですが、何だかいろんな話から内容を拝借していて(パクリとはあえて言わない)、時代背景とか大丈夫かと思ってしまいました。

でも、この映画のメッセージは、
悪い人でも改心ははする。
ってことのような気がします。続きを読む
posted by なくち at 09:30| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

君の名は



amazonで見ました。レンタル屋さんに行くより断然便利。

早速感想ですが…

おもしろかった。

さくっと見たので、感動作って感じはしなかったです。

ただ、単純な青春恋愛ものみたいなものではなことが、特徴かなぁと思います。

謎があるから内容に引き込まれ、先が気になりどんどん話に集中していきます。そして、ところどころあるユーモアもよいです。

いまどきは、この一捻りが大切なんだね〜。

続きを読む
posted by なくち at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

君に微笑む雨



以前記事を書きました。

レンタル落ちで購入しました。

チョンウソンが見たくって💕

記事を見ると、なんと7年前に書いてる❗❗

そんな前なのかよ〜。見た年に子供生まれてたら、来年小学校に入学しちゃうよ。

改めて見返すと、チョンウソン全然変わらない。キムサンホが変わらないのがびっくりですよ。カオユエンユエンの顔がなんだか違う…画像

成都、行ってみたいです。あの景色見たいです。でも、中国行くの躊躇しちゃうなぁ。

続きを読む
posted by なくち at 21:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

ビューティーインサイド




ビューティーインサイドのHP

ずっと見たくて、配信のを購入して見ました。

あらすじは、毎日起きると姿が別人になっている男の話。18歳からその生活は始まったのですが、人には極力会わずに、家具職人をして生活していました。別人に変わってしまうことは、親友と母親しか知りません。そんな彼が、ある女性に恋をしたことがきっかけで変わっていく話です。

出演は、ハンヒョジュ(トンイの人です)、後はたくさんの人が出演しています。なんせ、キムウジンは毎日違う人になっていますから。

感想は、とってもとっても期待して見てしまったので、期待とは違ったがっかり感が…。でも、いい映画ですよ。あったかい気持ちになるいい映画です。

でも、内容がシリアスなのです。全然コメディー要素はないのです。これ、私知らなかったので、ちょっとビックリでした。
確かに、実際に毎日別人に変わってしまう人を好きになったら大変です。本人はもちろん大変ですが。この大変さが前面に出ているんですよね〜。

イケメンになったら寝ない気持ちはよく分かりますね😃

この映画で、印象的だったのは、ハンヒョジュの美しさ❗ まぁ綺麗ですよ。で、主人公のキムウジンはいろんな人が演じていますが、上野樹里も出演しています。


続きを読む
posted by なくち at 21:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

ジヌよさらば


ジヌよさらば
見ました。

前から見たかったんですよね。

感想は、面白かったです。

阿部サダヲがいい演技してましたよ。周りの出演者が豪華だと思いました。主演は、松田龍平です。彼は、彼らしい演技でしたね。

平和と言えば平和な田舎に、お金を全く使わない生活をするために引っ越して来たのが、松田龍平演じるタケ。彼をとりまくいろんな村の人が一癖も二癖もある人々です。

続きを読む
posted by なくち at 22:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

ある会社員



見ました。amebaTVで。

ソジソプ主演の作品です。

会社員ですが、ただの会社員ではないのです。なんと殺し屋です。会社の所属部が殺し請負専門の部なんですね。ソジソプも、いつも背広を着ています。これがかっこいいんだよね〜。さすがです。

で、この映画の見所の一つはアクション。

かっこいいです。

ここで感想ですが、

面白かったです。

ノアール映画っぽくないところもありますが、結末は悲しいですよ。

究極のブラック企業に就職しちゃった会社員の話って感じです。

続きを読む
posted by なくち at 22:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

私を忘れないで



私を忘れないでまとめ

DVDを予約して購入しました。

出演はチョンウソン(私の頭の中の消しゴムでおなじみ)、キムハヌル(紳士の品格)です。

あらすじですが、
事故で10年間の記憶を忘れている男の話。それ以外は覚えているのに。リハビリも頑張り、日常生活を送るれるようになると、退院し仕事に復帰。仕事は弁護士。仕事には多少弊害があるにせよ、なんとかこなしている。

病院の待合い席で、自分の向かいにいる女性が泣いている。自分を見て泣いていると感じ話しかけるが、逃げるように去ってしまう。しかし、彼女は薬を忘れていて、その薬をソグォン(チョンウソン)が持って彼女を追いかけるが、女性はバスに乗ってしまう。事故の後遺症でバスには乗れないソグォン。

なんて感じで始まります。

この作品、私の頭の中の消しゴムの感動をもう一度!みたいな感じだったので、買ってみたのですが(かなり楽しみにして)、まぁそこまではいきません。

ただ、記憶を取り戻していく過程で、ちょっと不思議な感じがあり、あれあれ???これは意外な展開なのかなぁ?って感じで予想を超える展開であったのは、なかなか興味深かったです。


でも、この作品の良さは、チョンウソンのカッコよさですよ。それにつきます。

以下ネタバレあり

続きを読む
posted by なくち at 15:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

白夜行



韓国版です。

レンタル落ちを購入。

何と言っても、こういう暗くて過去が重要な話を描くのは、韓国映画は好きですからね。

それにソンイェジンの美しい姿が見たいと思ったので

その他、出演はコス、ハンソッキュ。イ・ビョンホンの奥さん、イミョンジョンも出てます。


感想ですか、やっぱりこの話、悲惨で切ないね。

報われない話です。



日本版は見ていないので、それとは比較できないですが、原作は読んでます。

原作とは大体一緒かなぁ。韓国社会に合わせている以外は。


感想ですが、愛するということはなかなかできないことかと思いました。ここまではね〜。自己犠牲のある意味極地でしょう。

でも、ヨンハ(コス)が可哀想だ!

ミホ(ソンイェジン)は、どこまでヨンハを愛していたのか。女は怖いね〜。

ソンイェジンって、明るい元気な美人より、影のある美人がはまってますね。

ラストは、酷い。瀕死の人がいたら普通に助けるだろう?あのシーンは無理があるよ。ミホの覚悟を感じるところだけどね。

コスはかっこいいね〜。存在感あるし、イケメンですよ。

もっとソンイェジンの美しさを際立たせてもいいかなぁ。もっと出来ると思う。


posted by なくち at 08:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

好きっていいなよ



見ました。

さらっと見れる映画です。

感想ですが…まぁ、こういう映画を見る需要っていうのがあるんでしょうが、それにしたって、何故映画にしたのかがわかりません。

イケメンの福士蒼汰を見たいというファンが見ても、そんなに受けない気がするなぁ。

青春群像っていう程、中身があるわけじゃない映画なので。

これを作ろうって企画する人がいて、OK出してお金出す人がいるわけですよね?回収できてるのかなぁ?

これ見て、「キュンキュンする」とかいう子がいるなら、大した恋愛してない子だね〜。ほんとに幼稚な映画です。

別にいいんですよ。こういう映画もあって。ただ、こういうのは、興業的に成功しなければ、絶対にいけない映画だと思いますよ。してんのかなぁ?


posted by なくち at 05:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

白雪姫殺人事件



見ました。

湊かなえ原作の映画化です。

出演は、井上真央、綾野剛、菜々緒等です。

感想ですが、面白かったです。ミステリーで、誰が犯人変わらない展開が、なかなか良かったです。そして、現代の社会問題を取り込んだストーリーは、本当に怖いですね😖😖😖

女の怖さが根底にある話で、女としてはぐったりします。こういう環境で仕事している人もいるんだろうなぁと、思いました。(大体、こんな会社辞めるよね。)

最終的に、適当なこと言ってる奴が、堕ちるっていうところは、湊かなえ作品の中では、すっきりした方だと思います。

続きを読む
posted by なくち at 19:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

鴨川ホルモー



見ました。
本は、ただいま読んでいるところです。万城目学原作の映画化です。

出演は、山田孝之、栗山千明等です。

内容は、簡単に言うと、ちょっと(かなりか)変わったサークルでの、青春学園モノみたいな感じです 

感想ですが、面白かったです。

なんというのでしょうか、ホルモーという伝統の神事(かなぁ)で、京都の4大学が戦う話ですが、ホルモーのサークルでは、三角関係(四角か)があったり、仲間割れがあったりと、人が集まればそれなりに起こるであろうことが起こるのです。普通のことが、普通は見えない式神(鬼)を扱って行われる、現実ではないことを題材にしているので、鬼を普通に受け入れられるところが、すごいですよ。本当に行われていそうです。

この映画で、楽しみにしていたのは、やっぱり本ではイメージでしかなかった鬼がどんなものなのか、映像として見れることです。思ったよりも、人間ぽかったかなぁ。私は、CMのZAQみたいな感じかなぁと思っていました。

特に感情移入することもなく、だからと言って面白くないってことは考えず、さらっと見れます。

大学時代の青春を思い出す場面が多い作品です。







続きを読む
posted by なくち at 16:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

偉大なるしゅららぼん




車での移動が長かった旅で、見ました。
心ならずも、Amazonのプライム会員となっているため、ただで見ました。

万城目学作品は読みやすく、ただいま鴨川ホルモーを遅まきながら読んでいるので、偉大なるしゅららぼんってどんな話?と、興味が湧き見てみることに。

それに、出演者に岡田将生くんが出演しているので^_^ 見たくなるよね〜。

早速、感想ですが、

面白く見れました。

展開が、分からないので、ストーリーに引き込まれました。それに、旅で見てきた琵琶湖の地を取り巻くストーリーですからね😀 私には、タイムリーですよ。

ただ、いただけないのが、出演者。有名どころがしっかり出演しているのですが、肝心なところで、誰これ?と、なっちゃうのが残念。棗広海役は渡辺大さんだったのですが、私は知らなかった。でも、明らかに、華がない。濱田岳くんと岡田将生くんと一緒のシーンでは、明らかにそう感じてしまうんだなぁ。残念。


深キョンは可愛くて好きなんですが、演技はね…。台詞まわしが、なんだよね…。

でも、ファンタジーとして見ると、結構内容に引き込まれました。
続きを読む
posted by なくち at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

小さいおうち



見ました。ずっと前にテレビで放送したものを録画していましたが、見ていなかったので、HD整理のためにとりあえず見ました。

感想は、予想以上に切なくなりました。面白かったです。

戦争前の日本が平和であったかい感じがあり、私は好きです。向田邦子原作ドラマみたいで。そんな感じがある前半の前半です。

しかし、話はなんとも悩ましい展開に…。

端的にあらすじを言ってしまうと、不倫をする奥様を止めるため、不倫相手に最後の手紙を渡さず、ずっとそれを悔やんでいた女中さんの苦難を探す大甥の話。

時代を超えて、いろいろな愛の形が描かれます。

出ている俳優さんも豪華です。

戦争という大きな出来事を、とても簡潔にしかしその残酷さを残酷な映像で描くのではなく、人々の思いと現代に描くところは、戦争を知る人でなければできないのではないかと思います。



続きを読む
posted by なくち at 12:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする