2011年03月22日

7級公務員


7級公務員のHP:http://www.7kyu.com/

見ました。

出演はカンジファン(コーヒーハウス等多数)、キムハヌル(彼女を信じないでください等多数)です。

感想は、面白かったでするんるん

アクションラブコメって感じの内容なので、気軽に見れる作品ですよ。

簡単にあらすじを説明すると、韓国版「Mr.&Mrs.スミス」って感じです。夫婦ではなく恋人同士ですが、そんな感じの映画です。

カンジファンもキムハヌルもコメディーが上手いですね。要所要所に笑えるところがあって、面白いですわーい(嬉しい顔) それに、二人ともアクションが素晴らしいです。どこまで本人がやっているのか分からないですが、どきどきハラハラのアクションですよ。

キムハヌルが日本語を話すシーンがあるんですが、日本語上手でした。

ホントに楽しい映画ですよ。

カンジファンって、やっぱりかっこいいです。でも、面白い演技もとってもナチュラルにできるんですよね〜。あんまりシリアスな演技見たことないかもしれない・・・。

キムハヌルは、私は特に好きは女優って訳ではないです。でも、演技力は素晴らしいと思います。やる役によって、性格が全然違うんですよね。でも、何を演じても「キムハヌル」なんです。全くの別人になるのではなく、「キムハヌル」が違った性格になっている感じです。



posted by なくち at 21:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

愛を読む人



Gyaoで見ました。

見たっかった映画でしたが、すっかり忘れていました。Gyaoで見れてよかったですわーい(嬉しい顔)

感想ですが、とても良い映画だと思いました。面白いです。

この映画、なんといってもストーリーがおもしろいんです。内容だけで、見ている人を引き込む力がある映画だと思います。

出演は、ケイト・ウィンスレット(いろんな映画に出演していますが、やっぱりタイタニックが代表作かな)、レイフ・ファインズ(ナイロビの蜂他多数)、デヴィッド・クロスです。

以下、ネタばれ注意exclamation×2


続きを読む
posted by なくち at 21:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

悪魔を見た



公式HP:http://isawthedevil.jp/

月イチゴローで、1位になっていましたね。

チャンケンチャナヨ韓国語(http://www.mbs1179.com/kan/)でも、紹介されていました。

なので、気になってはいます・・・。が、R−18

一体どういう映画なのか・・・。想像は付くのですが、どうやらそれ以上のようで・・・。

でも、評価されているので、見たい思いもあります。でも、やっぱり怖いな〜ふらふら

続きを読む
posted by なくち at 21:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

アジョッシ

見ました。

とっても見たかったので、購入したんですがまだ商品は届いていないのですが、見ちゃいましたわーい(嬉しい顔)



言わずとした、主演はウォンビンです。韓国では大ヒット作となったこの作品。

で、見た感想ですが・・・とっても良いですexclamation×2 私は、最後に泣いてしまいました・・・。いや〜良かったです、ホント。想像以上にいろんな感情を持つ映画でした。

特に、ウォンビンが激しく良いexclamation×2です。

振り幅の激しい感情を表現出来る役者だったんだと、思いました。極限の怒りや、極限の悲しみや、極限の虚しさを見事に演じていたと思います。それだけではなく、すばらしいアクションexclamation×2も見事でした。

で、何より、激しくウォンビンがかっこよいexclamation×2 です。間違いなく、カッコいいです。ステキすぎますグッド(上向き矢印) 何してもカッコいいのです。やっぱり間違いなくカッコいい人なんだなぁと、改めて感じてしまいました。

韓国版「レオン」とも言われている作品ですが、もっと残酷さや、悲しみが表現されている感じがします。確かに、「レオン」が好きな人は、好きかもしれない作品ですね。


以下ネタバレ注意。



続きを読む
posted by なくち at 23:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

私と彼の漂流記



見ました。

邦題では、↑ですが、韓国の題名では、「キム氏漂流記」です。結構日本で話題になっていたので、凄く見たいと思っていたので、見れてよかったです。

出演は、チョンジェヨン(トンマッコルへようこそ でお馴染み。他、映画に多数出演。あんまりフューチャーされませんが、韓国を代表する映画俳優だと思います。)チョンリョウォン(私の名前はキム・サムスンで、お馴染み。他にも沢山出演作があります。)

で、感想ですが、秀作ですexclamation×2

私はこの作品かなり好きです。韓国映画はこういう作品を生み出せるのなら、やっぱり底力があると思いますexclamation×2 すばらしいグッド(上向き矢印)

私が好きな作品は、いろんな感情が作品の中に現れてることが多いのですが、この作品もそうなんです。この作品は、いろんな感情と、いろんな悩みと絶望とそして、希望がある作品です。今だからこそ、この作品の意味が、また大きいように感じます。

で、音楽もいいんですよ〜。凄く合っている。登場人物が少ないので、凄く意味を持ってくるのは、1つ1つの小物・・・(って言っていいと思いますが・・・)。とても印象的で、素敵に見えます。なんだか、愛情を感じる・・・。

最後に、ホントに希望のある作品なので、是非見ていただきたいですexclamation


以下、あらすじを含む感想です・・・。



続きを読む
posted by なくち at 20:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

顔と心と恋の関係



見ました。

出演は、カンジファン(映画は映画だ で、お馴染み)、イジア(太王四神記でお馴染み)です。

この映画、脚本が大石静さんなんです。そう思ってみると・・・そうか?と、思ってしまうほど、韓国映画になっています。

カンジファンは、実は初めて演技してるの見ましたバッド(下向き矢印) 見たいと思っていたんですが、チャンスがなかったのでたらーっ(汗) イジアは、大好きな女優さんの一人です。まだキャリアが浅いのに、そんな風には感じないところが、すごいと思います。彼女の持っている明るさも、とっても好きでするんるん

で、感想ですが、楽しめましたグッド(上向き矢印) 正直、ストーリーは単純で、新鮮さのあるものではないです。でも、カンジファンとイジアのラブコメディーってことで、それだけで十分おもしろんですよね。正に、女子が好きなストーリーです。

では、以下ネタバレ注意・・・




続きを読む
posted by なくち at 00:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

海雲台


TSUNAMIのHP:http://www.mega-tsunami.jp/

見ました。韓国版のDVD買いました。

日本でも公開されています、ヒット作です。CGが凄いということで、ちょっと楽しみでした。

出演はソルギョング(シルミド / SILMIDOでお馴染み)、ハジウォン(ファン・ジニ でお馴染み)、オムジョンファ(結婚できない男 でお馴染み)、イミンギ(めっちゃ大好き!
でお馴染み)などです。まー豪華ですね〜。


で、感想ですが・・・面白かったですexclamation

ですが・・・なんともちょっと残念だなと思うところもありで、100%面白いexclamation×2と、言い切れないところもあるんですよね〜。

確かに、CGは凄いです。というのは、全くどこがCGだか分からないexclamation×2 ホントに津波の被害に遭ったらこんな風なんだろうと思って見ていました。怯え逃げまどい、命を落とし、遺体が流れていくのを、生きている人は見ながら逃げていくんですよ。恐ろしいです。でも、それが現実的なことなんだと思います。

以下、ネタバレ注意

続きを読む
posted by なくち at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

目には目を歯には歯を



見ました。ジャンルでいうとクライムアクションなんでしょうね。





出演は、ハンソッキュ(スカーレットレター などでお馴染み)、チャスンウォン(言うまでもなく、シティーホール でお馴染み)。そして、キムジソクも出演していますグッド(上向き矢印)(全然目立たないけどねたらーっ(汗)

感想ですが・・・面白かったですexclamation 面白かったというよりも、かっこ良かったですexclamation

なにせ、チャスンウォンが激しくカッコいいですexclamation×2 役柄も、悪役なんだけど、実は悪役じゃないんですよ〜。義理人情に厚く、男気があって、しかも頭もいいんです〜。しかも、スーツ姿がしびれる〜グッド(上向き矢印) 完全にやられてしまいましたバッド(下向き矢印)

ストーリーも息付く暇もない展開で、惹きつかられます。

以下、ネタバレ注意

続きを読む
posted by なくち at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

渇き



渇きのHP:http://kawaki-movie.com/

見ました。カンヌで賞を受賞したってことだったので、見てみたいと思っていました。それにシンハギュンも出演しているのでわーい(嬉しい顔)ちょっと楽しみにしていました。でも、シンハギュンは主演じゃないしなぁと、思うところもあって、その辺はあんまり期待しないで見てみました。

出演は、ソンガンホ(グッド・バッド・ウィアードでおなじみ)、シンハギュン(トンマッコルへようこそでおなじみ)、キムオクビン(オーバー・ザ・レインボーでおなじみ)です。




感動ですが・・・


血みどろですどんっ(衝撃)

面白いって作品ではないんですよね〜。良くも悪くも韓国映画のホラーですよ。最後はきれいにまとめたいってことなんでしょうね。ホラーにそれはいらないんだよね。もしかして、ホラーではないのか?ジャンルはどうでもいいのかもしれませんが、でも、パターン化しているのでは、つまらないでしょ。でも、凄く映像はよくできています。特に私はカメラワークが好きです。とってもいいですよ。単純に見せないところはすばらしい。ストーリーは結構想像できる展開なんです。それを、映像の面白さで引き付けている感じがします。

出演者は、非常にいいです。ソンガンホは、あんなにシュッとした感じになるもんなんだおと思いました。決してかっこいいとは思わないと思っていましたが、この映画ではなかなかいい男ですよ。グッド・バッド・ウィアードとは全く違う役で、やっぱり映画によって雰囲気を全く変えるんですから、役者ですよね〜。

最近の韓国映画は女優が体を張りすぎですよ。この映画でもキムオクビンが体張ってますよ。しかし、前半は幸薄い女で、肌の色艶も悪かったんでが、バンパイアになってからは、頬がピンク色で健康そのもの。分かりやすかったですね。

私の楽しみにしていたシンハギュンですが、あんまり長いこと出ていないもうやだ〜(悲しい顔) しかも想像で出てくるお化けですよふらふら 変な役です。ま、彼の結構得意な役かもしれませんねわーい(嬉しい顔) 


ネタばれあり

続きを読む
posted by なくち at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

きみに微笑む雨




きみに微笑む雨のHP:http://www.kimiame.com/

さら〜と見ました。たまたま予告を見て、見たくなったので。



出演は、チョンウソン(グッド・バッド・ウィアードなどでお馴染み)、カオユアンユアン(中国の女優さんです)です。

感想ですが、とっても綺麗な映画です。内容も大人の恋のお話。それに、チョンウソンがいつもの男っぽさが前面に出ている雰囲気の役ではなく、普通のサラリーマンってところがいいです。

さらさらっと話も流れていきますが、微妙な感情が大人には、ちょっとキュンと来るところがある映画ですね。

まあ、チョンウソンがあんな平凡な役でもかっこいいのかと、私はちょっと意外な気がしました。かっこいい男は、何をしてもかっこいいんですね。改めて、チョンウソンの凄さを感じました。普通の雰囲気がかっこいいんもな〜。

相手役の中国の女優さんもとっても美人さんです。綺麗ですよ。

続きを読む
posted by なくち at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きな映画

映画は好きです。ま、自分でもよく見ている方だと思います。洋画も見たいと思ったものは、必ず見るようにしています。韓国映画も結構見ているつもりではいますが、まだまだですね。好みではないものは、見ていないので、以外に敬遠していた作品にハマるかもしれません。そして、邦画はあんまり見ていません。なので、洋画と韓国映画でそれぞれ1作品を挙げてみたいと思います。



続きを読む
posted by なくち at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェイサー



チェイサーのHP:http://www.chaser-movie.com/

見ました。これは国家代表と一緒に購入しました。

ハジョンウが出演し、いろんな賞を取った作品だったので、楽しみにしていました。感想ですが、血みどろ〜がく〜(落胆した顔)な映画なので、気持ちよく見れる映画じゃないんですよね〜。楽しくはないかな。でも、ハジョンウよりもキムユンソクの方が印象に残りました。ハジョンウは、かなり凶暴な殺人犯ですが、普段はホントに普通の人です。ホントに人を殺す瞬間でも、淡々と普通に殺してしまいます。その淡々さは凄いと思いました。彼の持っている凄さの一つはそこあのかなぁと思いました。(いつもオーラがあるのではなく、普段は目に留まることのない普通の人と際立った存在感をもつ人を自然に演じられるところ。)

でも、気持ちのいい映画ではないです。

以下、ネタバレ注意
続きを読む
posted by なくち at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

美人図



見ました。日本でも公開された作品です。

美人図のHP:http://www.bijinzu.com/

出演は、キムギュリ(天女と詐欺師 DVD-BOXなどに出演)、キムナムギル(善徳女王 でお馴染み)です。


感想ですが、あっさりしてる感じであっという間に終わってしまう作品です。面白いですよ。恋愛感情から悲劇が始まるのに、そのどろどろ感はそんなにないんですよね。

主演のキムギュリ(キムミンソン)ですが、頑張ってますよ。最近の韓国映画の流行なのか、今までには考えられないぐらいラブシーンが過激です。霜花店(サンファジョム) 運命、その愛 よりは、まだ押さえていますが、やっぱり女優としてチャレンジした作品だと思います。しかし、非常に奇麗です。美しく描かれています。

で、この作品を見たのは、キムナムギルを見たかったからです。彼がなぜ人気があるのか、出演作を見たことがなかったので、見てみました。この作品では非常に無邪気で素直ではつらつとした青年役を演じています。純粋に一人の女性を命がけで愛しているのが、とてもいいです。でも、彼の良さはアウトローな雰囲気だと思います。この作品でも、結局は愛してはいけない人を愛している訳ですからね。やっぱりその良さが出ていますよ。母性本能をくすぐる魅力を持っていると思います。

以下、ネタバレ注意


続きを読む
posted by なくち at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

炎のように蝶のように



炎のように蝶のようにのHP:http://www.kntv.co.jp/nmovie/mov/m0128.php

見ました。チョスンウの映画だったので、是非見たかったです。

出演は、チョスンウ(ラブストーリー でお馴染み)、スエ(9回裏2アウトでお馴染み)です。

感想ですが、面白いことは面白いと思います。まず、チョスンウが出演しているので、それだけで、私は満足わーい(嬉しい顔) チョスンウが見たくて、この映画を見た訳ですからね。で、アクションも凄いし、見せ方も凝ってます。それに、スエとの切ない関係もいいですよ。全体的にはいいんです。いいんですが、何せ切ないもうやだ〜(悲しい顔) 切なすぎるんですよ〜。韓国の時代劇の映画は、みんな死んじゃうものばかり・・・。生きて終わるのはないのかな?



続きを読む
posted by なくち at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

田禹治(チョンウチ)






買いました。カンドンウォン主演ということで、見たくなって購入。しかも予告を見て、昔の人がタイムスリップしたのか?と思うような内容で…でも、ハイパーアクションみたいな感じにも見え、「これは見てみないと分からないな。」と思いました。

感想ですが、面白かったです。いろんなことが盛りだくさんなんですよ。でも、最初の昔のシーンは字幕(英語)の意味が結構分からないところもあり、困りましたが、見ていけばだんだん分かりました。

アクションも結構あり、しかし、CG満載なので、好みは分かれるかもしれません。

カンドンウォンですが、昔の服を着てるときはあんまりかっこいいと思いませんでしたが、やっぱり現代の服装では、かっこいいですねわーい(嬉しい顔)

簡単に内容を説明すると…

続きを読む
posted by なくち at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする