2017年10月03日

麗 花萌ゆる8人の皇子たち 最終回



見ました。

終わってしまいました…。

切ないですね〜。


ヘスは、体調を崩し余命いくばくもない状態でした。光帝に書状を書き、誰よりも光帝を慕っていることを告白します。そして、会いたい気持ちを書きました。夫のジョンも偽装結婚ですからヘスの気持ちを理解しています。ヘスの字は光帝にそっくりだったので、多分混乱をさけるためかなぁ。ジョンが表書きを書いて、ヘスの書状を中に入れて光帝に送ります。光帝はジョンが政治的な要求を書いて送っていると思って、開けることもしないでおいたままにしていました。

ヘスは、光帝にもう一度会いたい気持ちを募らせたまま亡くなってしまいます。光帝は、全くヘスの体調のことも知らなかったため、驚いて手紙を読みます。ヘスの手紙を読んで泣き崩れる光帝。ジョンの家にいきます。ジョンは今更なんだと言いますが、手紙を読んでいなかったこと、ジョンは密偵に報告させていたから、ヘスの体調のことも知っていたはずと言い返しますが、密偵は中睦ましい2人を見てから送っていないことをベガが教えます。誤解が誤解を呼び、結局ヘスの気持ちは光帝に伝わることはありませんでした。可哀想なヘスです。そして、後悔の気持ちしかない光帝ですよ。

ジョンが女の子を連れて宮廷に来ている時に、光帝に出会います。その女の子はヘスそっくり。それに、光帝がヘスに送ったかんざしをさしていました。光帝はヘスの子と気づきます。ジョンはこの子は宮廷に入れるつもりはないことを光帝に伝えます。彼の願いはヘスの願いでもあると理解する光帝。ときどき宮廷に出入りすることを許します。(光帝、自分の子だってこと分かったのかなぁ。)

光帝の元からは、ジモンも去り、ウクも亡くなり、ベガも旅をする流浪な人生を送っているため誰もそばにはいません。大きな宮廷にたった一人残され王、光帝です。


そして現代。コヘジン(IU)。池に落ちてから1年、ずっと変な夢を見続けています。彼女が勤務しているデパートで高麗時代の展覧会が開かれ、それを見るへジン。そして、光帝の肖像画を見て自分が高麗時代に生きていたことを思い出します。そして、光帝のことも思い出し、彼が宮殿にたった一人佇む絵を見て、一人にしてごめんと謝り泣きます。

最後は、光帝とヘスが仲良く過ごしていた頃の回想で終わりです。


続きを読む
posted by なくち at 22:28| 東京 ☁| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麗 花萌ゆる8人の皇子たち 19話まで



あと1話まできました。

しかし悲しいことしか起こっていません😞😞😞

切ない展開です。なんか韓国の時代劇って辛いんだよね〜。最初は気楽に見てるけど展開が可愛そすぎる。しかも時代劇だからまた残酷なんだよね。

ワンソ(イジュンギ)は、ヘス(IU)とずっと一緒にいるために王になる決意をし、かなり辛いことをしてまでその座を手にします。しかし、王は全然力はありません。力は従う者がいてこそ得られるものなんですね。策略を巡らす賢い者がその力を得るのです。ワンソは光帝になりますが、 どう考えてもヘスの存在が政策の邪魔になってます。光帝は武芸にも秀でていますが、その賢さも相当なものです。しかし、豪族の娘でもない尚宮は皇妃としてメリットはないし、ヘスは体に傷がありそれも皇妃にはなれない理由になっています。

結局二人は結婚することはありませんでしたが、毎日一緒に食事し会うこともできていましたが、様々な陰謀のため心が離れていきます。

別れを決定的にしたのは、光帝がヘスがワンウクと結婚の約束をしていことを知ったからです。光帝より先でしたからね。光帝とワンウクの確執はヘスが原因ですからね。二度と会いたくないとヘスに別れを告げます。まぁ、結局ヘスのために多くの命が消えていくのでした。辛いね。

ヘスはワンジョン(光帝の弟)と婚姻をします。光帝はそれでもヘスを気にして偵察させていましたが、仲睦まじい姿を見て、偵察もやめてしまいます。本当は偽装結婚なんですけど、二人の姿を見て誤解してしまいます。ヘスは光帝の子を妊娠している身で、寿命を縮めても産みます。

あ〜、悲しすぎる、辛すぎる。不幸すぎる

最終回、これまた悲しいんだろうなぁ。
posted by なくち at 00:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

きらきら武士


きらきら武士
これ見て、「楽しい❗❗」と思いiTunesで購入しました。

毎日聞いています。ずーっと聞いています。超楽しいです。

Liveの方が楽しいので好きです。クオリティーがLiveの方がむしろ上がる⤴



いろんな人やバンドとのコラボにセンスを感じます。面白いしね。

椎名林檎、Liveでも歌っていましたよ。

なんだろうなぁ、歌詞ってなんでもいいんだよねって思えてきます。

そこに深い意味はないのですが、響きがいいのですよ😃

きらきらと武士は一緒に使うことって、この曲以外で一生ない気がします😃
posted by なくち at 17:24| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝鮮の歴史

を見て、高麗時代に興味が湧きました。ネットで調べられることは調べられますが、やっぱり本で読みたいのですよ。

で、韓国に行った時に本を買って帰ってきたのですが、それが↓

2017-10-01 13.29.59.jpg

韓国史 能力試験中級の本みたいです。

QRコードがあって、それで動画も見れます。でも、全部韓国語ですがね。

わかる単語は少なくて、調べまくりですが漢字語が多いことは助かります。でも調べても載っていない単語があるのは、困ります。

全然読み進められないですが、ちょっとずつ読んでいこうと思っています。まさ、1ページも読み終わっていませんからね😃

最初の建国のところは、あまり興味湧かないんだけどなぁ。歴史は古い方から順番じゃないと流れが分からなくなりそうで…。


続きを読む
posted by なくち at 16:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のんびりすること

のんびりできる日は、ほんとに何もしたっくないです。

でも、「何かしなくちゃもったいない❗️」と思ってしまう…。

やっぱり時間に追われる生活からは逃れられないのです。悲しい時間の奴隷です😞😞😞

大体、時間あったら部屋の掃除やら洗濯やら家のことやっちゃうからね。これも仕事といえば仕事だし。

テレビ見たり、本読んだり、ゴロゴロしたり…。

幸せだね〜、こういうのって。

posted by なくち at 10:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麗 花萌ゆる8人の皇子たち 15話まで


だいぶ見てからの感想ですが、一気に見てしまいました。

出演はIU、イジュンギ、カンハヌルなど、知ってる人たちがいっぱい出てました。

何と言ってもこのドラマの売りは、イケメン皇子です❤

間違いなく、みんなイケメン。でも、全然違うタイプのイケメンばかりで楽しいです。兄弟だから年齢も違うのはいいですね。

で、このドラマ、やけに顔のアップが多いのですが、勿論みなさん美しい人達ゆえ、効果的です。気持ちがよく表情で表現されているます。

イジュンギとカンハヌル、二人とも一重なんですよ。カッコいいです😃

で、みどころを解説

1⃣皇子達の魅力

一人一人個性が違い、それぞれの想いがあり興味深く見れます。基本的には恋愛ベースですが、覇権争いも見どころの一つです。誰がどの皇子に付くのか、それとも自ら王の座を望むのか色々事情があります。

2⃣イジュンギとカンハヌルの変容

イジュンギはワンソ、第4皇子を演じています。幼い頃に顔に傷を負わされたため、王宮を出されて山の中で育てられます。母に疎まれ愛情に飢えていますが、傷のせいで化け物を見る様な扱いを受けることに傷つき恐ろし性格です。しかし、IU演じるヘスに化粧で傷を隠してもらい、雨乞いの儀式で見事雨を降らせたため、一気に民の心と王の信頼をつかみます。その代わりようが素晴らしいです。冷酷な表情から、優しい表情や憂いのある表情を見せるイジュンギの魅了いっぱいです😃彼は黒目が小さいんです。それがまた冷たさをよく表現できる表情を作り出しています。

カンハヌル演じるワンウクは逆に、ヘスを最初から大切にし、その魅力に惹かれていきます。ヘスもまた彼の優しさに惹かれていきます。しかし、彼には妻がいてしかもヘスを守ってくれている親戚のお姉さんなのです。二人はお互い惹かれ合いますが、その想いを成就することができません。そして、力がないばかりに思う様にできないことを痛感するウクは王になる決意をします。そのため彼は冷酷で策略を巡らす皇子に変わってしまいます。その変わり様は素晴らしく、人って怖いなぁって思ってしまいます。

3⃣史実通りの歴代王

とりあえず、王様は史実通りに代わっています。勿論細かい出来事や細かい人間関係はフィクションですが、調べると面白いです。

続きを読む
posted by なくち at 05:41| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

人間ドッグ

今年も行ってきました。

なんと、去年とほぼ変わらず。

これは、とっても凄いことなのです。だって、春先はだいぶ太っていたのです。着れる服がなくなってしまうぐらい。でもでも、体重は増減なしってことは、痩せたってことですよ❗

これは、SIXPADのおかげですよ。

よかったよかった。

続けるぞ✊

続きを読む
posted by なくち at 21:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

スケートのシーズン到来


FP 自己最高得点で優勝した大会です。美しさと力強さがある素っ晴らしい演技ですね〜😃😃😃 この少年なんでこんなに色気があるのか…。でも、少年ぽさもあるし。彼の演技は間違いなく素晴らしいのですが、その素晴らしさの表現はいろいろとあり、1つ2つではないです。本当に不思議な選手ですね。


SP 世界最高得点を叩きだしました❗すごいね〜。この曲にこんなに美しく滑っちゃう男子、他にいますか?美しさが神がかってますよ。ジャンプの安定感がハンパない。楽々とやってのけてますから。スタートの立ち姿がまた美しい❗立ってるだけで美しい男子です。


今シーズン本当にオリンピックあるんですよね😃😃😃 すごい楽しみなんですけど〜。二人の戦いで、二人に金銀をとって欲しいです。どちらでもいいですからね。

テレビで応援してますよ🚩
posted by なくち at 18:26| 東京 ☀| Comment(0) | 興味ある人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BORDER、見てます

BORDER 贖罪のHP

スペシャルがあるようなので、dTVでシリーズが見られるようになり、見始めました。放送されていた時も、見ていたはずですが、全部は見てないような気がしたのと、記憶にあまり残っていなかったので、初めて見るような気持ちで見ています。

面白いですね。

で、5話の追憶を見てちょっと思いました。

この話は、今までとは違って死者が面白いです。岡部という役をクドカンが演じていますが、常に石川(小栗旬)に付きまとってペラペラと喋っています。しかし、石川がそれに答えてしまうと、石川以外には死者は見えないので、周りの人は石川が誰もいないのに喋ったりおおかしなことをしていたりと誤解されてしまいます。小声でも答えちゃうので、時々おかしいなぁ思われ始めています。

5話で岡部(クドカン)は事故死だったのですが、石川に最後に家で娘が始めて海に行った時のビデオを見たいとお願いし、不法侵入して石川と見ます。ビデオは娘が海にいて、父親と母親がそれを撮影しています。途中で母親も一緒に娘と映ったりしています。良くある家族の幸せそうなホームビデオです。この時に妻と娘の笑顔を見て永遠を感じたみたいなことを岡部は言っていました。とてもありふれた幸せが映し出されているのですが、なんとも切ないものです。この幸せは、今はないわけで、それを懐かしむことしかできないのです。幸せであったことは間違いないのです。それは、このビデオを見る全ての人が一瞬で理解できることです。しかし、岡部は亡くなり、妻と娘は残されました。ビデオは思い出を残すものですが、それはある意味残酷な気もするように思いました。

この感じは、ゆれるを見た時にも感じました。過去は綺麗な思い出で、今はそれを懐かしむことしかできない。二度と戻れない時にを…。

あー、切ない😞😞😞 なんと残酷💧💧💧

でも、その思い出さえあれば、生きていけるのですかね…。

なんだか、その思い出に潰されそうですが…。

続きを読む
posted by なくち at 17:49| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

縫われる

生まれて初めて縫われました。

頭を釘に打つけてしまい血を出しました。

とっても痛かったのです。あまりの痛さに、ぴょんぴょん跳ねたい気分でした💥

でも、大丈夫だなと思ったので、そのままにしていたら血が出てると言われました。で、だらだら流れてきたら教えてと周りに言ったら、すでにだらだら流れてると言われ、医者に行きました。

病院では、縫いますと言われ3針縫いました。

縫われる時、先生はずっとしゃべっていました。いろいろと質問されたので、普通に答えていました。すごく痛いということはなかったのですが、あの引っ張られる感じはなんとも言えないですね😖

傷の幅は大きくないのですが、深いと言われました。釘が錆びているの釘だったので、破傷風が心配だからと注射を打たれました。

頭なので、ガーゼを頭に付けていたのはちょっと恥ずかしかったです😞

病院から帰ってくると、麻酔が切れたせいか痛くてちょっと辛かったです。でも、寝ちゃいました。


続きを読む
posted by なくち at 23:34| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする