2016年12月24日

赤穂浪士

年末になると、ドラマが放送されますが。

忠臣蔵の恋

先日 古舘トーキングヒストリーを見ました。

忠臣蔵、どーしても分からないのは、なぜ浅野内匠頭が江戸城内で刃傷沙汰を起こしたのか。

吉良上野介に指導料としての『賄賂』をあまり贈らなかったからというのが多くの見方とされていますが、そうなんですかね。浅野内匠頭も短気だったような話もありますね。

忠臣蔵の始まりは、殿中刃傷沙汰ですからね。殿中で起こすなんていかんですよ。

その後の処分が解せない。浅野内匠頭だけが切腹。お家取り潰しと最も重い処分なのに、吉良上野介は何の処分もない。これは解せない。おかしい。まぁそういうことなんだろうけどね💢 (どうせ金だろう❗というのは、私の個人的な見解)

それからの赤穂浪士。仇を討つは、いや討たない派に別れているようで、とっても人間らしいです。それが普通です。

辛酸を舐めながら、機会を伺い仇討ち計画を実行に移すべく潜伏生活を送り、遂に大きな茶会が開かれた日の夜に計画を実行する赤穂浪士。

そこからの戦い方は、トーキングヒストリーでよく分かりました。

本懐を遂げた赤穂浪士。年明け2月に切腹をしています。

続きを読む
posted by なくち at 19:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

揃えてみた

IMG_2102.jpg

思わず買ってしまいました。

並べて飾っています。こういうのが増えるとお掃除大変なんですけどね〜。

買っちゃうんだなぁ。

続きを読む
posted by なくち at 23:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 癒される〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年の瀬ですね。

今年もあと数日…。

なんと早いのでしょう。信じられません。

毎年思うこと、「今年もあっという間で、な〜にも出来なかったなぁ⤵」

よく考えると、何かをしようという行動力がなかったのよね。

先日、古くからの友達と話をしていて、「えっ、こっちに戻って来ないの?」と言われて考えてしまった。

私は実家から他県に就職し、一人暮らし。仕事があるので何も考えずこちらで生活をしていたのですが、友達からすると「帰って来ないの?」という感じだったらしい。いやいやそこは、私も考えてなかったのもで😞

実家に帰りたかと言われたら、これまた微妙。今の家にはまず入れないだろうなぁ。スペースの関係上。

それに、仕事を辞めて就職活動をするのかと言われると、これも大変な訳で…。確かに、私の日課の一つになっているのは「転職サイトを見ること」いろんな職があるんだなぁと、自分が働けるでもない職を見ては妄想を膨らましているのです。

over40'sにとっての転職とは、かなりの覚悟が必要ですよ。

でも、どこかで戻らないといけないとも考えているところもある…。

この年の瀬、なんだか重い問題にぶつかっているのです。(勝手に😃)


続きを読む
posted by なくち at 18:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

刑事犬養隼人

刑事犬養隼人のHP

録画していたので、見ました。

なかなか面白かったです。

犬養隼人役の沢村一樹がかっこいいですよ😃

コミカルな演技が多かったので、シリアスな演技を見ると新鮮ですね。で、改めて知るそのかっこよさ。

犬養隼人の決め台詞は「お前の嘘は、丸見えなんだよ。」

原作も読んで見たいと思いました。

    




posted by なくち at 15:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

こんなの初めてだよ!

頑張ったご褒美に、同僚とお肉を食べに行きました。

高級なお肉屋さんですが、高級すぎて食べる事ができるお肉は限られていいます。

ハンバーグはお得です。でも、折角だからステーキも食べたい🍴

結果こうなりました。

2016-12-09 18.57.25.jpg

ハンバーグはグラム数アップ⤴

おかげでオーダーし終えた時、店員さんに「お皿が乗り切らないので、広いテーブルの席に移動いただけますか。」と言われました😃😃😃

私も、ステーキとハンバーグをいっぺんに食べたのは初めてでして、食べれるかなぁ?なんていらぬ心配をしてしまいました。もちろん、問題なく食べれましたよ💕

お肉がとろけました〜🚩 やっぱり美味しい肉って違うね。

お腹いっぱいになり帰りました🎶
posted by なくち at 22:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フードコート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆで卵って…

ゆで卵を作って、サンドイッチを作ろうと思いました。

でも、茹で時間が短かったため、ちょっとだけ白身が固まっていませんでした。

なので、禁断の電子レンジでチンを決行しました。

短時間で固まると思ったので、電子レンジスタート(ぽち)❗

回り始めたターンテーブル(今だに私の電子レンジは回っています)。

しばらく放置すると、ボン💥

爆発しちゃいました⤵

やってしまいましたよ。おかげで庫内は卵だらけ。

お掃除して終わりました。

家に帰ってから、無事だったもう一個のゆで卵の殻を剥がし、割れた卵の無事だった方の殻を向いて、マヨネーズで和えました。

サンドイッチに挟んでパックとしたら、ジャリ😵 殻が残ってました⤵

最悪でした。

続きを読む
posted by なくち at 21:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

スマホdeチェキ



買っちまった😖

でも、欲しかったんだ…。年末年始の旅にあったらいいなって思っちまったんだい😞

買った分、きちんと役に立てたいと思います。

以前撮った自分の写真を印刷してみました。

いい感じで発色が良くないね。これは、フィルムが古いからかなぁ。機械のせいじゃないかな。

スマホやカメラに写真はいっぱいとりますが、印刷しないんですよね〜ほとんど、データのままで別に困らないからね。見るのはスマホの中で十分だね〜。

実は、印刷しようと思ったのは、記録として使えると思ったのですよ。

モレスキンの手帳に貼ったりしてね😃😃😃

あ〜、でも何を印刷しようか…それが問題だ。


posted by なくち at 19:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終電ごはん

病人なので、寝ている時間が長かったです。
今は大分回復し、8時間ぐらい起きています。

まぁ寝て、目が覚めて直ぐには眠れないので、ドラマを見ました。それが、終電ごはん。

テレビ東京の深夜ドラマは、面白いね(^.^)

出演は、オードリーの若林、酒井若菜、佐藤仁美の3人。

どこまでがセリフで、どこまでがアドリブなんだ?と、思ってしまう感じが面白いね。

一応、夜食を紹介するドラマなんだろうけど、その要素が薄い。

3人のやりとりが面白い。

のんびり見れて、面白いところがgoodです。

なんか、あんな風に暮らしたいなぁと、思いました。

posted by なくち at 01:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄昏モード

iPhone使いこなせてない芸人で学んだことを使わせてもらってます。
それは、ブルーライトをカット‼️

NightShiftと言うらしいです。

これが、華丸さんが言っていたように、正に黄昏モードなんだなぁ。

確かに目に優しいよ。

だけど、黄昏るね〜。

嫌いじゃないけどね(^.^)





posted by なくち at 00:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

私を忘れないで



私を忘れないでまとめ

DVDを予約して購入しました。

出演はチョンウソン(私の頭の中の消しゴムでおなじみ)、キムハヌル(紳士の品格)です。

あらすじですが、
事故で10年間の記憶を忘れている男の話。それ以外は覚えているのに。リハビリも頑張り、日常生活を送るれるようになると、退院し仕事に復帰。仕事は弁護士。仕事には多少弊害があるにせよ、なんとかこなしている。

病院の待合い席で、自分の向かいにいる女性が泣いている。自分を見て泣いていると感じ話しかけるが、逃げるように去ってしまう。しかし、彼女は薬を忘れていて、その薬をソグォン(チョンウソン)が持って彼女を追いかけるが、女性はバスに乗ってしまう。事故の後遺症でバスには乗れないソグォン。

なんて感じで始まります。

この作品、私の頭の中の消しゴムの感動をもう一度!みたいな感じだったので、買ってみたのですが(かなり楽しみにして)、まぁそこまではいきません。

ただ、記憶を取り戻していく過程で、ちょっと不思議な感じがあり、あれあれ???これは意外な展開なのかなぁ?って感じで予想を超える展開であったのは、なかなか興味深かったです。


でも、この作品の良さは、チョンウソンのカッコよさですよ。それにつきます。

以下ネタバレあり

続きを読む
posted by なくち at 15:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする